「知って、肝炎プロジェクト」開催
平成27年11月5日に、厚生労働省肝炎対策特別大使を務める歌手の伍代夏子さんが、肝炎ウイルス検査の啓発活動のために静岡県庁を訪れました。
川勝平太知事との対話の中で伍代さんは、ご自身がC型肝炎を克服された経験から、早期発見・早期治療の重要さを県民の皆さんに訴えました。
川勝平太知事と特別大使 伍代夏子さん
(左から) 順天堂静岡病院 玄田先生 
特別大使 伍代夏子さん
浜松医大附属病院 小林先生
「知って、肝炎プロジェクト」について
平成23年5月16日に策定された肝炎対策基本指針を受け、厚生労働省の肝炎対策助成金事業として開始されました。
平成25年度より、肝炎に関する知識や肝炎ウイルス検査の必要性を分かりやすく伝え、あらゆる国民が肝炎への正しい知識を持ち、早期発見・早期治療に向けて自ら積極的に行動していくことを目的とした「肝炎総合対策推進国民運動事業」として啓発活動を致しております。
また、厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動 特別参与 杉良太郎氏をはじめとする、芸能界・スポーツ界から大使・スペシャルサポーターの方々が肝炎ウイルス検査の認知向上などを目的とした広報活動をお手伝いされています。

「知って、肝炎プロジェクト」について詳しく知りたい方は、下記をご覧ください。
知って、肝炎
出張肝臓病教室
pick up contents 肝炎無料検査のご案内 講演会等開催 肝疾患かかりつけ医 メディア掲載
ご相談窓口
pagetop